紙とペン

勤怠管理とは従業員の勤務状況を会社が管理することを指します。
従業員の出社退社時刻、休日出勤、残業、休暇などのスケジュール管理することは労働時間の把握や残業代計算や有給休暇消化率など人事給与に深く関連することで、会社の労務管理の基礎です。
タイムカードを用いて時刻を記録したり、出勤簿に自己申告で記録したり、ICカードや生体認証を利用した勤怠管理システムを導入するなど、会社によって運用は様々です。

勤怠管理をシステム化する会社は近年増えています。
同じ会社の中でも、正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイト、テレワーク、育児のため時短勤務など、働き方は様々であり、人事給与担当者はそれぞれの労働者に対して契約に見合った賃金を計算しなければなりません。
休日出勤届や残業届など各種届出の提出がないと、人事給与の仕事は滞ります。

また一人一人の労働時間が多すぎる場合などは、人員を増やしてスケジュール管理したり従業員の健康管理にも気を配らなければなりません。
各店舗でパートやアルバイトを多く抱えている企業は、勤務シフトやスケジュール管理が得意なシステム、事業所が多く、外出の多い営業社員を多く抱えている企業はクラウド環境のシステムなど、勤務実態に合った勤怠管理システムを導入すると、人事給与担当者の負担は軽減します。
グループウェアと一体型になっている勤怠管理システムならば、社員のスケジュール管理までできます。

ペンと電卓

勤怠管理とは、企業において社員の出勤、退勤、欠勤の状況を把握して、社員が勤務時間を守っているか管理することをいいます。
これは企業が労働基準法に定められた労働条件を守っているかという側面と社員の能力や人件費の活用するという側面を持っています。
かつては勤怠管理をタイムレコーダーにより行う例が大半で、社員のスケジュール管理もホワイトボードに記入する方法がとられていました。
人事給与もタイムレコーダーカードの記録から算出していました。

最近ではより効率的な勤怠管理、スケジュール管理、人事給与計算のために、これらが連動したシステムを導入し、企業の経営戦略に役立てています。
例えば、社員がパソコンを立ち上げ、識別番号を打ち込めば、出勤時間や退勤時間がわかる勤怠管理システムがあります。
これであればわざわざ勤怠管理だけをタイムレコーダーで記録する必要はありません。
これは時間外勤務手当、超過勤務手当の提出にも連動できますから、人事給与部門でもわざわざタイムレコーダーカードを転記し、計算する作業はいりません。

人事給与部門の人材をさらに生産を生み出す部門に配置換えすることも可能です。
スケジュール管理でもパソコンに社員それぞれが入力すれば一元的に管理できるシステムがあります。
タブレットなどで出先からでもスケジュール管理できますから営業部隊が多いところでも大丈夫です。
このように、勤怠管理、スケジュール管理、人事給与を三位一体としてシステム化することは企業戦略上、検討すべき事項として広く認識されています。

まずは勤怠管理ですがこれは各個人で管理する事が基本となります。
出社時に出勤の記録を残して、帰宅時に帰宅の記録を残します。
各個人で残した記録を上司や総務が確認した上で正確な人事給与が計算されます。

次にスケジュール管理ですがこれも基本は各個人で管理をする事になります。
営業など外回りをする際は上司などに行き先や帰社する時間を告げてから出かけます。
仕事などのペース配分も基本は自分で管理をして、仕事が遅れそうであったり、予定がたてられない時などは上司に相談して上司と一緒に予定を組みます。

最後に人事給与ですがこれは個人が管理するのではなく総務など部署単位で管理する事になります。
部署に配属されている各担当者がまずは人事給与を計算して、その計算に間違いがないかを部署の上司がチェックをします。
チェックして問題がなければそのまま処理をされ、問題がある場合は各担当者に一度戻されて再度やり直す事になります。
勤怠管理やスケジュール管理及び人事給与は企業にとって大事な事です。
きちんと管理をする事で企業として成り立って行きます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031